気楽に楽しく子育てしよ♪

親が楽しめばこどもも楽しい!

YouTubeの英語動画を活用してますか?

小学生男子二人の母でワーママのナチュマミーです。

 

久々に英語ネタ。

f:id:naturalmammy00:20200217212457j:plain

子育て・語学教育にも

これは!と思ったのでご紹介。

 

Kevin's English Room さんの動画

 

彼らの面白動画が私は好きすぎて

毎日見ずにはいられません。笑

 

 


www.youtube.com

 

 

面白動画だけじゃなかった!

 

アメリカ人のケビンさんが

バイリンガルなのもすごいけど

 

やまちゃんさんがトリリンガル

マルチリンガル?)で

どうやって語学を習得したのか?という話です。

 

尚、マスクのかけちゃんさんは英語は

普通の日本人レベルとのことですが

分析力が素晴らしくて

雑談の内容をまとめて要約・解説がとてもお上手です。

 


www.youtube.com

 

具体的には、やまちゃん家では

2歳の時から

多言語を聞き流す環境を作っていたそうです。

 

私も、子育てをする上で

こどもの語学教育の環境に興味あったけど

こんなにペラペラになれるとは

多言語教育は本当に良い方法なのですね!

ただ、膨大な時間はかかることは間違いないですね。

 

 

そのほかも面白くて役に立つこともある…かもしれない

勉強ということじゃなくて

ネイティブでバイリンガルのケビンさんが

ネイティブの感覚を

雑談の中で教えてくれる感じです。

 

「勉強」や「教科」としての英語ではなく

英語やアメリカ人の文化に触れたい方にオススメ!

 

naturalmammy00.hateblo.jp

◯◯を忘れてきた息子 again

小学生男子二人の母でワーママのナチュマミーです。

 

衝撃。

f:id:naturalmammy00:20200109234710j:plain



いや、想定内でしたが、

ちょうど一年前にも全く同じ事があり

記事にしていました。

 

長男の忘れ物が酷過ぎる。

 

一番大事な物、忘れます?

 

www.naturalmammy.work

 

 

とほほ…😭

ブランド好きな人の気持ちを考えてみた

ワーママのナチュマミーです。

 

最近は仕事が忙しく、

ワーママの『ワー』つまり work ばかりで

あまり『ママ』らしくありませんが

こどもと向き合うこと子育て

を中心に物事を考えています。

 

人との接し方を大切にしたり

優先順位を考えて行動したり

 

ミスをしていたら

次に同じミスを繰り返さないように

対策を考えたり。

 

仕事でも

こども達に教えるのも

つまりは同じような内容だったりします。

 

 

f:id:naturalmammy00:20190525010324p:plain



自分は何が好きかを考える癖をつけておく

私は自分の「好きだなぁ」と思う

感覚を大事にしています。

 

こども達にも

何が欲しいのか、何をやりたいのか

良く考えるように常日頃伝えています。

 

片づけコンサルタントのこんまりさんの

捨てるかどうかを判断する時の

ときめき』という感覚に

似ているかも知れません。

 

昔から自然と

食べ物でも、服でも、バッグでも

 

欲しいかどうかは自分の感覚。

 

これ着たらテンション上がる!

という自分のときめき✨が基準です。

 

ブランド誰かが良いと言っていたとか

流行っているかではなく

 

「あ、これ好き💖」と感じるかどうか。

自分が欲しいと思ったら

高くても安くても関係ありません。

 

自分に相応しい値段かは確認しますが💦

 

 

ハイブランドだから欲しい」

「持っていると自慢できるから欲しい」

 

とか

 

後は逆に

 

「安くなっていたから買った」とか

 

そんな理由で買う人もいるようで…

 

 

なんだか、つまらないなと思ってしまいます。

 

 

デザインや、触り心地で

「あ、これ好き💖」

「絶対欲しい」

 

そう思ったものを買うので

私は毎日

自分の好きな服を着て

好きな物だけに囲まれています。

 

食べ物も自炊は

可能な限りオーガニックな物で

 

身体に良くて、かつ

本当に美味しいと思う物を食べています。

 

職場で食べるお昼ご飯は

特別素敵なレストランなどに行けないので

 

せめて添加物満載弁当ではなく

出前等にするとか

 

無理せず

なるべく本当に

美味しいなと思う物にしています。

 

ブランド好きな人の話

ブランド好きな人って

例えば職場で、

上司と面談に来られたお客様が

高級な手土産を持って来られることがあると

たいてい、こんなことを言っています。

 

「あれって、◯◯(有名洋菓子屋の名前)の

ですよね。絶対美味しそう」

 

「それって□□のチョコ、高いですよね」

 

有名かどうか、とか

値段が高ければ良いの?とか

聞いてて少し引いてしまいます。

 

それから、職場が病院なもので、

ハイブランドのアクセサリーを

惜しげもなく普段使いされている先生や

仕事中に持ち歩く小物入れでさえ

ブランドのポーチだったりの先生も

いらっしゃいますが

 

それに対して

 

「先生の指輪、

△△(ハイブランド)のですよね。

可愛い〜!欲しいと思ってたんです〜!」

 

「良いなぁ、私、そのブランド、

一個しか持ってないんです。

彼氏に貰ったんですけど(←自慢?)」

 

そんな風に、やたらと

先生方に話しかけている人が居まして

 

私はこう思います。

 

食べ物も、持ち物も、

ブランドかどうか

値段が高いかどうかだけに

興味があるの?

 

それで?

あなた自身

結局何が好きなの?

 

 

本人に突っ込みたくて

ウズウズしています。笑

 

あんまり

ブランドや、値段が高いかどうか

だけで判断していると

 

「私の中身は空っぽだから

ブランドで見せかけを良くする

必要があるの」

 

そんな風に

表現しているように見えて仕方ないのです。

 

あとは

上記に書いたことですが

羨ましそうに言いながら何気なく

彼氏に貰ったことを

自慢したいだけとか…?

 

 

なーんて。

 

今日は

自分とはどうしても価値観が合わない

ブランド好きな人の気持ちを考えてみました。

 

この感覚は極端ですかね?

 

 

いわゆるマウントに縁がなくて

ブランドに興味ない私が

変わり者なのかも知れませんが。

 

ブランドのシルバージュエリーより

ノンブランドでもプラチナが好きなナチュマミーでした。

「ありがとう」が嬉しい

小学生男子二人の母でワーママのナチュマミーです。

 

 

「ありがとう」が嬉しい

 

仕事の時のこと。

 

病院で医師の先生方の事務的サポート業務を

しているのですが、

 

事務仕事は事務の人にやって貰って当然

という態度の先生に仕事を頼まれるより、

 

「ありがとう」と

感謝を表してくださる先生に頼まれる方が

やりがいを感じるなぁと。

 

f:id:naturalmammy00:20200125014639j:plain



仕事に限らず、家族でも、友達でも

 

親しき仲にも礼儀ありですよね。

 

 

たった一言の「ありがとう」をもらって

残業した甲斐あったなぁと思いました。

 

本日の体験談でした。

片付けまつりの日

小学生男子二人の母でワーママのナチュマミーです。

 

片付けまつりの日

 

片付けスペシャリストと言えば

こんまりさん。

私は最初の本が出た時から読み

TVで特集されていれば録画して

片付けの順番や仕方を真似していました。

 

昔は、ね。(汗)

 

昔は夫の部屋・物も私が独断で片付けたり

捨てたりしていたのですが

 

「勝手に片付けられると

どこに何があるかわからなくなるから

触らないで」

 

と夫から拒否され、それで喧嘩したり

ゴタゴタしたりしたのでそれ以来

夫の部屋に入るのをやめました。

 

前に模様替えしてから5年くらい経ったかな。

その後はほとんど夫の部屋には入っていません。

 

パソコン机、本棚、仕事道具のほかに

趣味の音楽系、運動・トレーニング系

それから釣りの道具などが

秩序なく散乱している夫の部屋。

 

何年も私は放置していたのですが

ついに片付けを手伝ってと言われました。

f:id:naturalmammy00:20211003105549j:plain

片付けのイメージ

 

積もった埃を拭いたり

棚を運んだりしました。

 

こんまりさんのメソッドは

片付けの順番を大切にしていて

本当なら最初で、

服をときめくかときめかないか判断し

ときめかない場合はサヨナラする方法

 

だけど

 

仕方なくメソッド完全無視する形になり

いきなり写真など

『思い出の品』を分別しました。

 

 

夫が部屋からリビングに運び出して

「分別して」と言ってきた物を

分別しなくてはならないので

ほぼ強制的でした。

 

勝手なタイミングだな!💢と思う一方で

私が「片付けしたら?」とここ数年

いくら言ってもやらなかった人が

自分から動き出したのは貴重なことなので

その気持ちと行動を尊重して従いました。

 

 

すると、私の学生時代の写真や、

友達からの手紙なんかも

夫の部屋の棚に入れていたらしく

(すっかり忘れていました)

 

うわー懐かしいー…

って一瞬ハマりかけましたが

 

古くても大切な物は残して、

昔は大事だったけどもう要らない物は

「今までありがとう、バイバイ」

手紙年賀状も

結構思い切ってサヨナラ出来ました!

 

その後は

夫の部屋のついでに

こども達の物も片付けすることに。

 

こどもの服やおもちゃも

「これはバイバイしていい?」

「バイバイしていいよ」

そんなやりとりです。

 

 

本当はまったりしたかったけど

ワーッ!っと一気に頑張って、

家全体ではないけれど

片付けまつりの一日となりました。

 

体は疲れましたが

スッキリした部屋が手に入って

気分良くなった夫は

玄関もピカピカに掃除していました。

 

なんだか本当に片付けって魔法みたい。

もっと家中あちこち掃除したくなってきました。

 

日頃、残業の日々で疲れ切っているので

少しずつ少しずつ

片付けを進めようと思います。

 

konmari.jp

分散登校で家庭学習の過ごし方

 


小学生男子二人の母でワーママのナチュマミーです。

 

新型コロナが長引き、緊急事態宣言が長引き、

夏休み明けから分散登校…つまり

生徒を地域で分けて半分ずつ登校させるので

小学校の登校日が1日おきなのです。

 

感染が学校で広がらないか心配ですが

 

学校の友達と会えないストレスや

授業の進みが遅いことで学力の低下も

心配です。

 

家庭学習の過ごし方

1日おきに登校し、

登校しない日は『家庭学習日』で

課題を進める事になっています。

 

我が家の場合、こどもが登校しない日は

有給休暇を貰う事にしました。

 

私が仕事を休んで

学校からの課題をこどもと取り組んでいます。

 

特に小3の次男はまだまだ勉強に不安があり

一緒にダイニングテーブルで取り組みます。

 

f:id:naturalmammy00:20200520212235j:plain



漢字だったら

わからない字があったときに

ヒントを教えてあげてなるべく思い出させます。

 

算数だったら

文章題を音読させて、大事な数字や解き方を

確認したりしています。

 

小6長男は

親がいないとすぐサボるので

終わったらオヤツとか、

終わったらゲームしていいよ〜と伝えて

 

さっさと終わらせた方が得だから

宿題を先にやろう!

という気持ちにさせるようにしています。

 

勉強してから遊びなさい、

なんて言ったところで動かず。

こども自身がやる気にならないとダメですね。

 

今は時間も手間もかかるけれど

「母が家にいる間に一緒に宿題やろう!」

と誘って家庭学習の午前中を過ごしています。

判定が上がった!

小学生男子二人の母でワーママのナチュマミーです。

 

嬉しそうな顔

夏休みもお盆以外はびっちりと塾がある小6長男。

公立中高一貫校受験対策の夏期講習を受講しています。

 

その長男が、どこからどう見ても嬉しそうな顔をして、コソコソと何かを持っています。

 

夕飯後、リビングのソファーでくつろいでいた私。

 

なぜかキッチンから「マミー、ちょっと来て」と長男に呼ばれました。

 

「用があるなら自分からこっちに来なよ」と声をかけたけど「来て来て」と。

 

仕方なく行くと、長男の手には模試の結果の紙が。点数のグラフや判定結果が書かれています。

 

お盆休み明けで久々行った塾で、前回の模試の結果が返されたのです。

 

「あのね、

前までC判定だったけど、

B判定に上がったよ!」

 

「おぉ〜!やったじゃん!」(⌒▽⌒)

 

長男と一緒に喜びました☆

 

いや、まだB判定ですが💦 ※心の声

 

 

なかなか勉強をせずに、弟と遊んでばかりの長男でしたが、勉強した結果がついて来たことで、やる気がアップ⤴︎

 

まだB判定じゃダメだ、などと言ったら、せっかくやる気になっているのに台無しになっちやいますよね。

 

まず、前回までと比べて成績が伸びたことを認めて、できなかった部分のお直し・復習を進めていきます。

 

f:id:naturalmammy00:20200520212235j:plain

 



 

なぜ前より点数を取れたか

長男と一緒に、結果と⚪︎×採点された答案用紙と、解説を読んでいきました。

 

作文が苦手な長男。しかし、公立中高一貫校の適性検査(入試)は作文がかなりのウエイトを占めます。

 

以前は、この適性検査のスタイルに慣れていなかったこともあり、何を書いたら良いかわからず、一行どころか一文字も書かない完全なる空欄で提出していたのです。

 

ところが、今回は、長男曰く、

空欄を作らず、全部埋めた!

ということ。

 

途中までしかわからなくても、分かっているところまで書いたことで、◯をもらえなくても、△で何点かが貰えていました。

 

全部埋める効果を実感しました。

 

先生は褒め上手

長男は作文が苦手ですが、何十文字という回答用紙半分程の結構な文字数の作文欄の、半分ちょっとを埋めていました。

 

先生のコメントは、

 

「質問の内容とずれています。しかし、

自分の意見がしっかりと書かれているのは

素晴らしい」と。

 

聞かれていることに対してトンチンカンな回答なのにも関わらず、自分の意見を書いたことに対して、△ながら点数が貰えているのです。

 

出来ていない事を明確にし、でも、出来ている部分を認めてしっかり褒める。

 

採点してくださった先生ありがとう〜。褒め上手ですごいわ…。と、ちょっと感動しました。

 

 

完璧じゃなくても頑張れば認められるというちっちゃな成功体験が、更なる成長になることを願う母です。