気楽に楽しく子育てしよ♪

親が楽しめばこどもも楽しい!

0歳から頭のいい子を育てる、脳科学おばあちゃんの本

もう10年も前ですが、長男がお腹にいるときに「ベビーとの過ごし方」を予習しました。

脳科学おばあちゃんの本です。

脳科学おばあちゃん久保田カヨ子先生の0~1才頭のいい子を育てるふれあい育児 お誕生~ひとり歩きまで/久保田競/久保田カヨ子【1000円以上送料無料】

 

生まれた直後から、0歳の息子に対して、

手足や身体を触れて脳にいい刺激を与えます。

 

それから赤ちゃん言葉を一切使わず

大人相手と同じように、たくさん話しかけました。

 

上手くはないけど英語も好きなので、英語でもたくさん。

 

返事がないとまるで独り言のようですが、

赤ちゃんはちゃんと聞いています!

 

だって、赤ちゃんは、

「だいじょーぶ?」とか、

親がたくさん話しかけている言葉から覚えます。

言い回しや口ぐせなど、恥ずかしいくらいソックリに。

 

たくさん話しかけた影響が少なからずあると思うのは、

うちの息子達、

二人とも2歳の誕生日前に4語文以上で話せるようになっていたから。

 

そして、話せるということは、思いが伝わりやすいということ。

 

言いたいことが言葉で表現できるおかげで

イヤイヤ期はそれなりにあったけれど

泣きわめき続けることもなく、

保育園でも家でも暴れたりしませんでした。

 

こどもにとっても親にとっても

難しい時期にストレスが少なく済んだと思います。

 

 

あと!

 

私なりに考える、赤ちゃん育児の大切なポイントは、

『楽しそうにすること』です。

 

イヤ、赤ちゃんの相手は楽しいんですが、

ちょっとだけテンションを盛って

 

楽しそうに話すんです。

*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

 

それだけで、赤ちゃんの心をつかみやすくなりますヨ。